• ホーム
  • 基本的な指標を把握して成人病対策

基本的な指標を把握して成人病対策

がん、心臓病、脳卒中は三大成人病とも呼ばれた恐ろしい病気であり、中年から高齢者に特に多く発症する病気として知られていました。
現在では従来の成人病に加えて高血圧や糖尿病などの各種疾患を加えて生活習慣病という枠組みで世の中に知られるようになってきています。
その基本は同じであり、食事や運動、喫煙や飲酒の習慣などの生活に根ざした原因によって発症リスクが高まってしまう恐ろしさがある一連の病気として枠組みが作られています。

生活習慣に原因があるとされるのが特徴であることから、成人病あるいは生活習慣病の予防をしていく上ではより健康を目的とした生活を送っていくことが良い方法になります。
しかし、それがストレスになってしまうと、ストレスが原因で発症してしまうリスクも高めることになってしまいます。
そのため、基本的な指標について理解して、定期的に検査を行い、自分が病気になってしまうリスクが高いのかどうかということを把握していくことが大切になります。
基本的な指標として定期的に調べておくことが望ましいのが血圧、血中脂質濃度、糖尿の有無であり、血圧測定、血液検査、尿検査によって調べることが可能です。

これらを基本的な指標とする目的は、高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病が自覚症状がないまま徐々に進行してしまうリスクが高いことに加え、それが原因で他の病気を合併してしまいやすいという特性を持っているからです。
そのため、これらの病気の予防をするということが大切であり、血圧、血中脂質濃度、糖尿の有無といった指標をもって自分の健康状態を把握しておくことが健康状態の管理をする上で重要な役割を果たすといえるでしょう。